経営基本方針

当社は、鹿島地域の発展に伴う計画的な都市開発と近代的な生活環境の整備を目的に、昭和44年7月に「緑の都市を創造する公共的ディベロッパー」として、茨城県、鹿島地域の2市(鹿嶋市、神栖市)、立地企業、金融機関等により設立されました。

以来、鹿島セントラルビル等における不動産賃貸業や不動産の販売、鹿島セントラルホテル(昭和47年6月開業)の経営をはじめ、住宅団地や工業団地の造成事業等を通じて、良好で快適な住環境を提供し、また、都市環境・生活環境整備事業の拡充を図るため、公共施設の管理・設計業務等に参画し、第三セクターとしての役割と地域性を活かし、着実な歩みを続けてまいりました。

平成12年6月には、鹿島地域のシンボルタワーとして鹿島セントラルビル新館(鹿島セントラルホテル)を開業し、当地域において開催された2002年ワールドカップサッカーの主たる宿泊施設に利用されました。今では、県の内外から当地域を訪れる人たちの宿泊施設として、また、地域の方々の婚礼や一般宴会、並びに立地企業等の大規模会議などにご利用をいただいております。

さらには、平成14年12月には温泉施設をオープンし、鹿島セントラルビル新館(鹿島セントラルホテル)と合わせ地域の人々が集い・交流する賑わいとくつろぎの場を提供しております。

当社といたしましては、鹿島セントラルホテルの経営を通して地域の皆様方をはじめ立地企業や県内外のご利用者に親しまれ愛されるホテルを目指すとともに、鹿島セントラルビルを中心とした不動産賃貸事業を展開し、鹿島地域における商業・業務の核の形成に貢献してまいります。また、施設管理事業や設計管理事業においては、技術力の向上に努めながら公共施設の運転管理や公共事業の設計管理等について的確に対応してまいります。

引き続き、鹿島地域の計画的な都市づくりに携わってきた当社の役割に基づき、鹿島地域の都市機能の充実や賑わいの拠点づくりに努めるとともに、鹿島地域のまちづくりの一翼を担ってまいります。


鹿島都市開発株式会社

〒314-0144 茨城県神栖市大野原4-7-1/TEL.0299-92-3551(代) FAX.0299-92-5526

Copyright 2008.Kashima Toshi Kaihatsu Co.,LTD. All rights reserved.